怖い夢を見てしまって起こる夜泣き

怖い夢,夜泣き

怖い夢を見てしまって起こる夜泣きがあります。怖い夢を見たことによっても夜泣きをすることがあります。2歳児では比較的多い夜泣きの原因であると言えるかもしれません。怖い夢を見て目が覚めた時に、辺りが真っ暗で近くにママもパパも居ないと不安になって泣き出してしまうわけです。

 

2歳児の子供が夜泣きをして怖い夢を見たことが原因なのであれば、少し落ち着くまで待って「もう大丈夫だよ」と安心出来る言葉をかけてあげて、再び安心して眠ることが出来るまで傍にいてあげるようにしましょう。

 

寝室が別になっている場合、夜泣きをしたその日はもちろんですが、出来ればしばらくの間は一緒に寝てあげるようにしてください。ママやパパが近くに居た方が安心して寝ることが出来るので、怖い夢による夜泣きを引き起こす可能性も低くなります。

 

怖い夢を見て泣いてしまっている場合、安心させてあげることが何より大切です。「夢だから大したことない」というように適当にするのではなく、抱きしめて添い寝したりして対処するようにしてください。

 

完全に起きてしまってなかなか眠ることが出来ない場合は、温かい飲み物などを飲ませてあげて絵本を読んだりすると安心することが出来るでしょう。親は慌てずに落ち着いて対処するようにしてくださいね。

 

2歳ぐらいだと、怖い夢が夢なのか現実なのかまだはっきりと分かっていないことがほとんどです。怖い夢を見てしまったことが現実にまで影響を与えてしまうことがあります。そうすると、暗いところが怖くなったり、寝ることが怖くなってしまったりすることも少なくありません。

 

寝る=また怖い夢を見ると思ってしまうことがきっかけとなって毎日夜泣きするようになることもあります。ですから、夜泣きしている原因が夢であると分かっているのであれば、子供が安心出来るように慰めてあげれば、怖い夢を見ても大丈夫なんだ!ママやパパがついてくれている!という安心感からぐっすり眠ることが出来るようになります。

 

深い睡眠のリズムを作ることが出来れば怖い夢を見にくい状態にすることが出来るので、夢による夜泣きはなくなるでしょう。怖い夢を見る時というのは、寝る前の体験が関係していることが少なくありません。

 

夜寝る前に怖いテレビや怖い内容の絵本を見たりすると怖い夢を見やすくなりますし、昼間に怖い体験をしてもそれが夜泣きに繋がると言われているので、注意が必要になります。話しをきちんと聞いてあげて夜になる前に安心させてあげることが大切です。

 

 

>>もっと夜泣きについて知りたい方はコチラ<<

ページの先頭へ戻る