パパ・ママも夜は静かに寝るようにする

パパ,ママ,夜は静かに寝る

パパ・ママも夜は静かに寝るようにしましょう。夜泣きというと小さな赤ちゃんがするイメージがありますよね。そのため、いつまで経っても夜泣きが直らないとなると、気になるのは当然だと思います。

 

いったいいつまで夜泣きが続くのか・・・もしかすると病気なんじゃないか?このままだと育児がイヤになってしまいそう・・・と言ったように、長く続く夜泣きに頭を抱えているママも少なくありません。

 

夜泣きがひどく、体力的にもきつい新生児の時期も過ぎて夜ゆっくり眠ることが出来るはずだったのに、子供が2歳になっても夜泣きをする、長い時間まとまって寝てくれないとなるとどうしたら良いのか分からなくなりますよね。

 

しかし、夜泣きはしつけのせいではありませんではありませんので、2歳になっても子供が夜泣きをするからと言って自分を責める必要はありません。
2歳児の夜泣きは実は珍しいことではありませんので、不安にならずに夫婦協力して対処するようにしましょう。

 

簡単に出来ることは、ママもパパも生活リズムを整えるということです。2歳になると、自分で少しずついろいろなことが出来るようになってきます。離乳もしていますし、着替えなども出来るようになってきますので、赤ちゃんの頃よりも手はかからなくなってきます。

 

子供が2歳になったぐらいからまた仕事を始めるママも多いですよね。働いていると帰ってからご飯の用意などしなければならなくなって、どうしても眠る時間が遅くなってしまいがちですが、子供の生活リズムは乱さないようにしてあげることが大切です。

 

ママとパパが夜遅くまで起きていると子供も寝たくないと思ってしまうようになるので、子供まで一緒に生活リズムが乱れてしまうようになってしまいます。2歳児の夜泣きの原因の1つの生活リズムの乱れも考えれますので、子供が寝るのが遅いというのであれば、ママとパパが生活のリズムを整えてあげるようにしましょう。

 

子供が寝た後に夫婦の時間を持ちたい、自分の好きなことをする時間を持ちたいと思う気持ちは分かりますが、2歳児の夜泣きで悩んでいるのであれば、出来るだけ早めに寝るということを心がけるようにしてください。

 

2歳のお子さんと一緒の時間に眠れとまでは言いませんが、お子さんが寝ている間に刺激を与えないようにすることは大切です。子供が寝付くまでは家全体を暗くして、ママもパパも一緒に寝るようにしましょう。夜は静かに寝るものだということを見せるようにすれば、夜に起きて泣き出すことが少なくなることがあります。子供が寝た後に少し起きているのであれば出来るだけ静かにして刺激を与えないようにしてあげてくださいね。

 

 

>>もっと夜泣きについて知りたい方はコチラ<<

ページの先頭へ戻る