日中、できるだけ体を動かす

日中,体を動かす

日中にできるだけ体を動かす様に心がけましょう。夜泣きを改善するためには、日中に体を十分に動かしておくということが大切になります。日中室内ばかりで過ごしていて十分に遊びが足りていない、体力が有り余ってしまっているという場合、夜泣きをしてしまう可能性が高くなります。

 

子供は小さくても体力が有り余っていますので、昼間に十分に遊べていないと疲労感がないので、夜どうしても眠りが浅くなります。また、深い眠りを誘うためには、昼と夜の体温さも大切になるのですが、日中に体を動かさずに活動不足のままだと体温を上げることが出来ないので、昼と夜の温度差が生じることがありません。

 

そうすると深く眠ることが出来ずに夜泣きの原因になってしまいます。体を動かしていないことの1番の夜泣き対策は、やはり体を動かすようにすることです。2歳を過ぎると体力もついてくるようになるので、日中に思い切り体を動かして遊ぶようにすることが大切です。

 

1番良いのは、昼間外に出て体を思いっきり動かして遊ぶことです。屋外で遊ぶと太陽に光を浴びることが出来ますし、走り回ったりすることで夜心地良く眠ることが出来るようになります。

 

毎日外で遊ばせるというのが1番理想的ではありますが、毎日外に連れて行くのはなかなか難しい…という人も多いですよね。そういう場合は、自宅で子供が体を動かすことが出来る遊びがおすすめです。

 

マンションや団地に住んでいる場合、あまりドンドンすると下に響いて迷惑になることがありますので、防音マットなどを敷いて、子供が1人でも体を動かせる遊び道具を用意すると良いでしょう。今は自宅における滑り台などもあるので、そういった物を活用すると良いですよ。

 

ただ、どうしても室内で遊ぶより、日光に当たって体を動かす方が運動量はアップするので、時間があり天候が良いのであれば、出来る限り外で思いっきり遊ばせるようにしてください。子供の体力に合った遊びにたくさん付き合ってあげることが大切です。そうすることで、睡眠の質が上がって夜泣きが減るはずです。

 

パパが仕事から帰ってくるのを待って夜に遊ぶということをしている人もいますよね。夜寝る前に体を動かすことでさらに疲れて良く眠ってくれるようになるのではと思っている人もいますが、夜遅くに遊ぶと脳が活性化されて余計に寝付きにくくなったり、夜中に目覚めてしまったりするようになります。体を動かすのに最適なのはあくまで日中であるということを覚えておくようにしてください。

 

 

>>もっと夜泣きについて知りたい方はコチラ<<

関連ページ

お友達とのお泊り会に参加してみる
お泊り会などの宿泊イベントもいろいろなところで行われるようになっていますが、2歳児であっても保護者が居るのであれば、参加することが出来るということも少なくありません。こうしたイベントに参加すれば、同じぐらいの年齢の友達とも遊ぶことが出来るので、友達が増える機会にもなります。
しっかりと昼間に甘えさす
しっかりと昼間に甘えさすようにしましょう。夜泣きの原因の1つに昼間の甘えが足りないということが挙げられます。昼間に甘えることが出来ずに我慢することがあったということが夜泣きの原因の1つになり得ることがあるのです。
パパ・ママも夜は静かに寝るようにする
パパ・ママも夜は静かに寝るようにしましょう。夜泣きというと小さな赤ちゃんがするイメージがありますよね。そのため、いつまで経っても夜泣きが直らないとなると、気になるのは当然だと思います。
気持ちよく寝れる音楽や動画を流しておく
気持ちよく寝れる音楽や動画を流しておく事をおすすめします。子供の頃に真っ暗なところが苦手だったという人は多いのではないでしょうか。真っ暗だと眠ることが出来なかったという人も多いのではないでしょうか。
就寝の生活リズムに変化を付けないようにする(寝る環境を整える)
就寝の生活リズムに変化を付けないようにしましょう。生活リズムが乱れていても子供の夜泣きが起こることがあります。2歳になっても子供が夜泣きするという場合、生活リズムを整えるようにしましょう。1日の生活リズムを整えることは、夜泣きを解消するためにとても大切です。
成長痛によって起こる夜泣き
成長痛によって起こる夜泣きとは。2歳児ぐらいまで成長すると成長痛によって夜泣きすることもあります。成長痛による夜泣きは3歳ぐらいから起こることが多いのですが、成長が早い子であれば2歳過ぎぐらいから起こるようになることがあります。
怖い夢を見てしまって起こる夜泣き
怖い夢を見てしまって起こる夜泣きがあります。怖い夢を見たことによっても夜泣きをすることがあります。2歳児では比較的多い夜泣きの原因であると言えるかもしれません。怖い夢を見て目が覚めた時に、辺りが真っ暗で近くにママもパパも居ないと不安になって泣き出してしまうわけです。
夜驚症とはどんな症状?
夜驚症とはどんな症状でしょうか。夜驚症(やきょうしょう)というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。夜驚症というのは、乳幼児や子供に見られる睡眠障害のことを言います。名前からして何だか怖い障害のように思いますが、どのような症状が出てくるのでしょうか。
夜驚症の対処法とは
夜驚症の対処法とはどんなものがあるのでしょうか。夜驚症の明確な原因は未だに分かっていません。そのため、残念ながら自宅で出来る夜驚症対処というのは特にありません。夜泣きのように頭を撫でたり抱きしめたり言葉をかけたりしてもその声は届きません。