就寝の生活リズムに変化を付けないようにする(寝る環境を整える)

就寝,生活リズム,変化,寝る環境

就寝の生活リズムに変化を付けないようにしましょう。生活リズムが乱れていても子供の夜泣きが起こることがあります。2歳になっても子供が夜泣きするという場合、生活リズムを整えるようにしましょう。1日の生活リズムを整えることは、夜泣きを解消するためにとても大切です。

 

大人も生活リズムが乱れると体調を崩したりするようになりますので、成長期の子供であれば尚更規則正しい生活が大切になります。規則正しい生活をすることによって、自分の体の中のリズムを整えていくわけです。

 

生活リズムを整えるためには早寝早起きを心がけるようにすることが大切です。朝遅くまで寝てくれていた方がママは楽かもしれませんが、朝遅くまで寝ていると夜寝るのが遅くなって夜泣きするようになったりするので、ママも早起きを心がけるようにしましょう。

 

明るくなったら起きて、暗くなったら眠るというリズムを体に覚えさせるためには、朝目が覚めたらカーテンを開けて太陽の光を浴びさせてあげるようにしてください。2歳児ともなるともう朝・昼・夜の区別ぐらいつくようになりますので、朝決まった時間に起こして太陽の光で目覚めさせてあげるようにしてください。

 

理想は朝7時に起こして、夜9時ぐらいに寝かしつけるようにすることです。まず、人間の成長ホルモンが1番分泌されるのは夜10時〜2時までの4時間であると言われています。この4時間が睡眠のゴールデンタイムと言われていますので、この時間帯に熟睡していることがとても大切です。

 

朝の光を浴びてから14時間後に眠りを誘うホルモンと言われているメラトニンが分泌されると言われているので、朝7時に太陽の光を浴びると、その14時間後である夜9時にちょうど眠気が襲い、熟睡モードに入ることが出来るというわけです。

 

それを毎日繰り返していれば、自然と生活リズムが整うようになり、夜泣きがなくなるだけでなく夜もスムーズに寝てくれるようになるかもしれません。最初の頃はなかなか思うようにいかないかもしれませんが、毎日続けていることで生活リズムが整ってくるようになります。

 

そうすれば、子供も「夜は寝る時間だ」ということを認識してくれるようになるわけです。寝る時間や起きる時間だけでなく、昼寝の時間、食事の時間、お風呂に入る時間なども出来るだけ同じ時間にして、同じリズムで毎日行うようにしましょう。

 

仕事や用事などで多少リズムがずれてしまうこともあると思いますが、大きくリズムがずれないようにだけ気を付けるようにしてください。そうすれば自然に夜泣きもなくなってきます。

 

 

>>もっと夜泣きについて知りたい方はコチラ<<

関連ページ

お友達とのお泊り会に参加してみる
お泊り会などの宿泊イベントもいろいろなところで行われるようになっていますが、2歳児であっても保護者が居るのであれば、参加することが出来るということも少なくありません。こうしたイベントに参加すれば、同じぐらいの年齢の友達とも遊ぶことが出来るので、友達が増える機会にもなります。
しっかりと昼間に甘えさす
しっかりと昼間に甘えさすようにしましょう。夜泣きの原因の1つに昼間の甘えが足りないということが挙げられます。昼間に甘えることが出来ずに我慢することがあったということが夜泣きの原因の1つになり得ることがあるのです。
パパ・ママも夜は静かに寝るようにする
パパ・ママも夜は静かに寝るようにしましょう。夜泣きというと小さな赤ちゃんがするイメージがありますよね。そのため、いつまで経っても夜泣きが直らないとなると、気になるのは当然だと思います。
気持ちよく寝れる音楽や動画を流しておく
気持ちよく寝れる音楽や動画を流しておく事をおすすめします。子供の頃に真っ暗なところが苦手だったという人は多いのではないでしょうか。真っ暗だと眠ることが出来なかったという人も多いのではないでしょうか。
成長痛によって起こる夜泣き
成長痛によって起こる夜泣きとは。2歳児ぐらいまで成長すると成長痛によって夜泣きすることもあります。成長痛による夜泣きは3歳ぐらいから起こることが多いのですが、成長が早い子であれば2歳過ぎぐらいから起こるようになることがあります。
日中、できるだけ体を動かす
日中にできるだけ体を動かす様に心がけましょう。夜泣きを改善するためには、日中に体を十分に動かしておくということが大切になります。日中室内ばかりで過ごしていて十分に遊びが足りていない、体力が有り余ってしまっているという場合、夜泣きをしてしまう可能性が高くなります。
怖い夢を見てしまって起こる夜泣き
怖い夢を見てしまって起こる夜泣きがあります。怖い夢を見たことによっても夜泣きをすることがあります。2歳児では比較的多い夜泣きの原因であると言えるかもしれません。怖い夢を見て目が覚めた時に、辺りが真っ暗で近くにママもパパも居ないと不安になって泣き出してしまうわけです。
夜驚症とはどんな症状?
夜驚症とはどんな症状でしょうか。夜驚症(やきょうしょう)というのは、あまり聞きなれない言葉かもしれません。夜驚症というのは、乳幼児や子供に見られる睡眠障害のことを言います。名前からして何だか怖い障害のように思いますが、どのような症状が出てくるのでしょうか。
夜驚症の対処法とは
夜驚症の対処法とはどんなものがあるのでしょうか。夜驚症の明確な原因は未だに分かっていません。そのため、残念ながら自宅で出来る夜驚症対処というのは特にありません。夜泣きのように頭を撫でたり抱きしめたり言葉をかけたりしてもその声は届きません。